私のブログ


こちらでは、私の関わっているさまざまなことについてお読みいただけます。日々の出来事についてや広告、面白かったことについてなど書いています。

(翻訳:高奈美香)

まもなく日本語の翻訳

I thought for a while about what I would call this blog. If I wrote 'annual meeting' or 'board' in the headline, I don't think so many people would continue to read because it sounds boring.
But it really doesn't have to be that way...

From the left: Thomas Ekman, Rut Lindmark, Patrik Vendelius, Lena Maria Vendelius, Inger Ekman, Rolf Johansson och Anna Johansson From the left: Thomas Ekman, Rut Lindmark, Patrik Vendelius, Lena Maria Vendelius, Inger Ekman, Rolf Johansson och Anna Johansson

This sunny Saturday in April we went up north in Sweden to the city Uppsala to meet in Thomas and Inger's house. A very nice day full of laughter and deep and warm conversations.

I am so happy to have my 'Lena Maria & Friends Foundation' and to be able to help people with disabilities in vulnerable situations where society does not at all give help in a way as we, in a country like Sweden, think is necessary.

New this year is that we help Moses Murungi in Uganda who, despite of his severe disabilitiy, continues to study. He lacks half of his arms and half of his legs and has learned to for example write by holding the pen between his arm stumps.
Now he's studying at St. Augustine's College in Wakiso and we are happy to pay for his studies this year and for the next four years.

Do you want to support my Foundation?
Use The Lena Maria & Friends
Foundation’s account:
IBAN: SE04 1200 0000 0123 5022 3124
BIC/SWIFT: DABASESX
Danske Bank
Skolgatan 3, 55112 Jönköping, Sweden

Read the whole blog »
Tags: moses

もしくは、成功って何なのでしょう?
 
朝のニュース番組で見たALEXANDER PÄRLEROS  氏のインタビューを聞き、自分が感じたことをブログに書こうと思いました。ALEXANDER 氏は、成功ポッド(ごめんなさい、スウェーデン語しかなくて)を設立された方です。
 
彼のインタビューを聞いた後に、あるひとつの文章が浮かびました。
 
「成功は、他の人々を幸せにする要因になります。」  

Lasse Gustavson.

素晴らしい言葉だと思います。成功がもたらす真の影響を理解できれば、何も付け加えるものはありません。
 
そうでなければ、力、地位、お金などが幸せの基準となってしまいます。しかし、上記の引用の光の部分が見えれば、これらのものは本質でないことが分かってきます。外面的な成功は、生活をある程度は楽にするかもしれません。確かに、お金、力、地位は、私たちの生活を楽にしますが、「成功」という言葉には、もっと広くて深い意味があることが、インタビューを聞いて新たに感じました。そして、私が行う全てのことが、誰かにとって意味があることであるのも又感じました。

Read the whole blog »

人生において一番悲しいことは、愛する人との別れです。年が増すごとに、葬儀に参列する回数が増えていく気がします。たぶん「そうですね」と頷いている方もいらっしゃると思います。

先週、私たちはKent Nihag氏と最後のお別れをしました。Kentと私は、
「口と足で描く芸術家たち」の同僚でした。彼も、私と同じように足で絵を描く人で、この団体には共に1990年にメンバーになりました。

Kentは脳性麻痺で、酷い痙攣と言語障害ありました。しかし、彼の足と足の指は健常者のように動きました。その足で沢山の絵を描き、2000年には、「No Hands」という自分のギャラリーを、スウェーデンの南の海岸沿いにある彼の故郷Kariskronaでオープンしました。そのKariskronaの中心にあるHoly Trinity をいう美しい教会で、彼の葬儀が執り行われました。

私は、自宅のJönköping,からアシスタント共に車で向かったのですが、レベル1の警告が出ていた吹雪の影響で4時間もかかりました。式では、彼のお母様と親友達が選んだ曲を2曲歌わせて頂きました。私たちの人生とお互いの関係への感謝と愛を表している意味深い曲でした。この吹雪のお陰で、
私にとって忘れない葬儀となりました。Kentは起業家でもあったので、チャレンジ精神が旺盛で、チャンスを上手に生かす人でした。特に故郷では、周りの人々から感謝され、愛された人でした。 Kentがいない年会は、きっとぽっかりと穴があいたような感じなるでしょう。

Kent,安らかにお眠りください。そして天国でまた会いましょう。その時は、一緒にダンスができますね。

loading...
Read the whole blog »

トレンディーでスタイリッシュな、封筒付き二つ折りのグリーティングカードの販売が始まりました。一枚一枚に 1から100までの番号が振ってあり、全てデザインが違います。誕生日パーティーのプレゼントにぴったり。只今、オンラインショップで、簡単に注文できます。

loading...
Read the whole blog »
甥っ子、姪っ子と一緒に行ったアメリカの旅行の最終日、地元で人気のレストランでアメリカンな朝食を食べました。そのメニューの裏に載っていた文章を紹介します。

JD’s は 1985年に家族で始めたお店です。皆様、ご来店をありがとうございます。JD’sが大切にしている事は、フレンドリーで家族的な雰囲気、そして新鮮な食事を食べて頂くことです。外では午後1時からのエンターテイメント、夜には中でピアノの生演奏が毎日聴けます。
 
開店から30年、その間に学んだことがありました。まず、
1. あなたが出会う人は誰でも笑顔で迎えられるべき人であること。
2. その笑顔は、費用がかからずにあなた自身を磨いていくこと。
3. ご年配からの言葉は、世界で一番の授業であること。
4. 「あなたのお陰で幸せになれました! 」と言ってもらえることが一番の幸せであること。
5. 正しくあることより大切なことは、親切であること。
6. 愛は、どんな傷を癒すのにも時間はかかりません。
 
これらに加えて何よりも大切なことは、母親にいつも「お母さん、ありがとう」と言ってあげることです。

Read the whole blog »

最新の記事

最新のコメント

  • Olle & Marie » Kent Nilhag - R.I.P.:  ”Så fint skrivet & så underbart att du sjöng på begravningen❤️ Det blir tomt på t..”

  • Ulrika Ekström » Kent Nilhag - R.I.P.:  ”Vila i Frid ❤”

  • Margret Wrennstad » Kent Nilhag - R.I.P.:  ”Vila i frid gamle vän, jag får titta på filmklippet från Bräcke tiden. Varför? ”

  • Marcus Alphed » Kent Nilhag - R.I.P.:  ”En fin vän har lämnat oss. Tack för att du fanns, du gav många människor (inklus..”

  • Cecilia Johansson » 2019 - ett gott nytt år!?:  ”Här blåser det massor. Ska bli roligt med ett nytt år. Kram”