今日は、「口と足で描く芸術家」の日です。

そして、まさに今、私の展覧会が9月19日までHaboの図書館で開催されています。機会がありましたら、是非足を運んでください。

物心付いた時から、私は絵を描くのが大好きでした。美しいものや細部まで良くできているものを描くのが好きです。一番美しいものは、大抵自然の中で発見します。私の場合、歌を歌う時、一つだけのジャンルに拘るのは難しく、色んなレパートリーの曲を選びます。絵を描く時も同じです。時には作品が大きかったり、時には小さかったり。殆どが油絵ですが、時には水彩、時にはアクリルで描く時もあります。

1990年から、私は「口と足で描く芸術家」協会の一員となりました。素晴らしい団体で、世界中に会員は800名ほどいます。スウェーデンでは会員は8名ほどですが、SolnaのBergshamara Torgという場所に素晴らしいギャラリーを所有しています。そこで、私たちの作品を見ることができます。詳しいことを知りたい方はこちらをご覧ください。

Habo図書館での内見会の写真もご覧ください。

Please comment:

最新の記事

最新のコメント

ブログのアーカイブ

リンク

タグクラウド