私のブログ


こちらでは、私の関わっているさまざまなことについてお読みいただけます。日々の出来事についてや広告、面白かったことについてなど書いています。

(翻訳:高奈美香)

2020 > 01

打ち出せ、荒ぶる鐘よ、古きものを、
打ち入れよ、新しきものを・・・
 
新しい年を迎えるとは、なんとも気持ちの良いものです。それは、まだ見ぬ新たなチャンスがこれから描かれていく真っ白な紙のようです。過去を振り返らず、心機一転、新しい出会い、経験やチャレンジに向かっていく決心ができる日かもしれません。
 
2019年の年末は、救急車で運ばれるという事態になりました。日曜日の夜中、トイレに行こうと起き上がった時に、膝の激しい痛みでベッドに倒れこんでしまいました。立ち上がることも、膝を伸ばすことすらできない状態でした。主人の助けによって、数時間後に、車輪が付いている仕事用の椅子にどうにかこうにか移動でき、便座に横滑りのような状態で移動し、やっと用を足すことができました。そして、同じ方法でようやくベッドに戻ることができました。
 
翌朝、幾つかの病院と何回もやり取りをして、やっと救急車が来てくれました。ストレッチャーにどうにかして乗った時に、心肺停止の救護の連絡が無線で入り、その場所がその救急車に一番近かったので、現場に急行するということになり、なんと私はストレッチャーから急いで降ろされ、もう一度ベッドに戻るという事態になったのです。待っている間に別の救急車が来て、やっと病院へと運ばれました。救急車で運ばれるということは、大抵は命に関わる状態で本人にとっては深刻な状況なのですが、私の場合はそこまでの状況ではなかったので、不謹慎にもなんだかワクワクしてしまいました。素晴らしい医療スタッフにも恵まれたのも感謝でした。
 
救急隊員が、「救急車で運ばれたことがありますか?」と聞かれた時に「30年前に王宮で乗りました!」と。それは、シルビア女王と接見した時で、今でも忘れられません。中庭に出た時に、雨が降ったことに気づいていましたが、車に乗ろうと数歩歩いた時に、私は滑って転んでしまったのです。今までも、このように転んだ経験は何回もあり、転ぶことには慣れていましたが、今回は起き上る時に頭が混乱状態でした。
救急車は私を急いで病院に運んでくれました。足にかなりの痛みがあり、義足が半分ずれて私の小さな足を捻じ曲げている状態でしたが、ストックホルムの街の中を救急車で運ばれるという経験は貴重なので、救急隊員に頼んで、座らせてもらいました。救急車の前方の車がよけていく中、狭い道を疾走していくのを目の前で見えるが爽快でした。診察では、3箇所にひびが入っているのが見つかったのですが、医者は「何も手立てがないので、安静にして痛みを我慢して、癒されるのを待つしかない」との事。次の日、問題のない方の足を使ってジャンプしながら移動し、タクシーを使って車椅子を貸してくれる医療支援センターへと行きました。家に戻ると、女王から「お見舞い」のカードと20本のチューリップの花束がドアのところにぶら下がっていました。女王自ら花束をもらえるなんて滅多にないことですよね!本当に光栄なことでした。
 
30年前は、左足、今回は右足。レントゲンでは何も大きな問題は見つかりませんでした。女医の先生が、膝の水の検査をするために大きな針を刺し、その針を抜く前に麻酔をされました。暫く待っている間、ちょっと足を伸ばしてみると、足が伸び、最後にはなんと完全に伸ばすことができました。ハレルヤ!戻って来られた先生も大層驚き、「手術は必要ないでしょう!」と喜んで下さいました。本当に嬉しかったです。
 
人はこのような経験をすると色々と立ち止まって考えるものです。不公平さや、自分の置かれている状況を嘆き文句を直ぐに言ってしまうものです。何故でしょうか?でも、それを選択することで、状況はさらに困難になるかもしれません。今回のことは、私の命を揺るがすような事故でもなく、耐えず苦しめる痛みではありませんでしたが、もう少し動くペースをスローダウンすること、ゆっくりとソファーに座って何もしない時間を楽しむことが、私には必要だと教えられました。私を支えてくれる素晴らしい夫がいること、家族や友人たちのことをもっとケアし、手紙を書いたり、電話をしたりするべきだということも教えられました。
 
「2020年の抱負は?」と地域の新聞社からコメントを求められました。「感謝、満足、思いやりが、これからの10年間に私の行動に表されますようにと願っています。」これが私の応えでした。
 
これから、体を鍛えるエクササイズと減量など、自分の体に向き合っていきたいと思っています。そして、スローダウンしてゆったりとした時間を楽しみたいと思っています。改めまして、新年、明けましておめでとうございます。

Read the whole blog »

最新の記事

最新のコメント

  • レーナ » ハネムーンから無事に戻ってきました。:  ”私の名前はNORIKO SUGIURAです。 私のニックネームはレーナです。 あなたの生き方に感銘をうけて、同じ名前を使って生きています。 あなたの生き方にエネ”

  • Jeni » Happy Easter! Mini-concert #2:  ”Dearest Lena-San&Patrik-San, (and Ferdinand)We pray that you had a Happy Easter...”

  • Tua Hado » Glad Påsk! Minikonsert nr 2:  ”Tack än en gång för så vacker konsert. Du välsignar oss verkligen. Du är mycket ..”

  • Sonja Jönsson » Glad Påsk! Minikonsert nr 2:  ”Tänk att få så mycket positivt på några minuter. Tack Lena Maria”

  • Tua Hado » Minivardagsrumskonsert:  ”Tack Lena Maria för så fin konsert. Blev mycket glad att få filen. Guds rika väl..”