logo lm

私のブログ


こちらでは、私の関わっているさまざまなことについてお読みいただけます。日々の出来事についてや広告、面白かったことについてなど書いています。

(翻訳:高奈美香)

2018 > 01

創業者であり代表取締役のWasanとChariyaが、2018年の1月28日、バンコクのアユタヤからレインボウハウスまでの70キロを自転車でチャリティー走行します。この行程は、暑くて難しいルートです。彼にとって厳しいチャレンジとなるでしょう。
彼らは、CCD孤児院の寄付のためにチャリティー走行します。CCDは、 Lena Maria & Friends 基金を通して私もサポートしている団体です。どうか、彼らの趣旨とチャレンジを理解して頂き、彼らのサポーターになって頂きたいと願っています。どんな金額でも結構です。そのお志が大きな力になります。

ご賛同して頂けるは、: https://www.justgiving.com/fundraising/wasanchariya
をご利用ください。感謝します。

Read the whole blog »

私の国では、年寄りよりも若い方が良いと言うのが、暗黙の了解となっています。ある人々は、若さを保つために時々 大胆な手段をとります。でも、年をとるのは悪いことだと皆思っているのでしょうか?私はそうだとは思いません。ただ、人生は短くて、年月はそんなに早く過ぎ去ってしまうの?とは皆思っているかもしれません。

私も、10代、20代、30代、40代と年相応の危機を乗り越えてきたからなのか、50代に突入するのは何の不安もありません(まだ人生の晩秋というわけではないのですが)。私は、自分の誕生日を祝うのが大好きです。毎年、新しい1年が与えられていることに感謝し、少しでも賢く、少しでも経験豊かになれることを期待しています。年をとることは、天国に少しずつ近いているということです。でも皆さんが私と同じように考えているわけではありません。私たちの人生には、嬉しいことも沢山ありますが、辛いことや痛みも同じくらい沢山あります。私たちが一番恐れていること、それはきっとずっと健康でいられないという ことなのでしょう。病気や痛みで苦しむことは、周りの家族や愛する人たちにとって試練でもあります。

写真に写っているLillemorとMariaと私は、高校の同級生でした。ロンドンやフォロー島に行ったり、地方の劇場でミュージカルを上演したり、共に楽しい年月を過ごしました。昨年の同窓会では、沢山のクラスメイトが集結。思い出を分かち合い、一緒に歌い、色んなエピソードを思い出して大笑いしました。特に 悪性の癌の放射線治療を受けているLillemorが参加できたのは本当に嬉しかったです 。今日は、超特別なお祝いをするとっても素晴らしい日です。Lillmor, 50歳のお誕生日おめでとう!沢山の方々が貴方のためにお祈りをして、これからも何年も誕生日を一緒に祝えることを祈っています。

Read the whole blog »

ついに、私たちのオフィスとお店のものは全て、きれいに片付けられて空っぽになりなりました。最後にドアの鍵をかけ、全ての荷物と棚類は私たちの家のガレージとベースメントに移動し収められました。
 
今日、ベースメントに移動した新しいオフィスに座ると、少し感傷的になりましたが、でも気持ちがすっきりとしました。これで又違う方法で、絵を描いたり、作曲活動を行ったりすることができるようになれます。新しいチャップターが始まった気持ちになれました。何が始まるでしょう?ドキドキしながら待つ気持ちです。
 
この短いブログで皆様に年末と新年のご挨拶としたいと思っています。
2018年も素晴らしい1年となりますように!

Read the whole blog »

最新の記事

最新のコメント