ようこそ!
私のホームをインタネットの中でで見つけて下さって嬉しく思っています。ブログを楽しんで頂けたらと願っています。
このページの上部に見出しを付けていますので、それにそって色んな情報をご覧ください。そこに、ニュースや最新情報を載せています。

心から歓迎して、

レナ・マリア・ベンデリウス (Lena Maria Vendelius)

ブログ

2016 > 08

本当に、倒れなくて良かった!空に感謝しています。気温は36℃、真正面には、太陽という大きなスポットライトが照らされていました。でも、空が、太陽の猛烈な暑さを和らげてくれたようです。でも、その時は、他に集中することがあって、そんなことには気がつきもしませんでした。私の目の前で歌を聞いている人たちは、囚人の人たち。しかも病気やハンディーキャップの方々でした。ウクライナには、142の刑務所がありますが、医者や看護士が不足しています。ですので、彼らは一つの刑務所に集められているのです。

私たちはその刑務所に入る前に、自分たちのパスポート、携帯、財布を預けなければなりませんでした。初めは、不安でした。その後、門を通り抜け、鍵のかかった鎧戸が開くと、そこには広場があり、小さなギリシャ正教会が立っていました。ベンチに座っている人たちと檻の中にいる人たちが私の聴衆でした。彼らから笑顔で暖かく迎えられたので、リラックスして証を交えながら歌うことができました。

この刑務所は、町から7時間もドライブした所にありました。道中、窓からは、トウモロコシ畑やひまわり畑が広がっていて、美しい風景を堪能できたのですが、道路はデコボコでした。道路を整備する予算を増やすべきですね。

実は、今回のツアーは、余り乗り気ではありませんでした。でも、実際に行って見ると予想以上に驚くことばかりでした。ウクライナはとても美しい国です。そして素晴らしい人たちでした。私のお世話を良くして下さり、美味しい食事を用意して下さり、素晴らしい出会いと体験をしました。テレビやラジオでのインタビューも幾つかありました。2つの教会で、証と歌のコンサートをさせて頂きました。最後の日に、戦争で怪我をした方々が入院しているキエフの病院を訪ね、美しい野外でコンサートをしました。このツアーの準備をして下さった方々、ツアー中、色々と働いて下さった方々にとても感謝しています。ウクライナ、又訪ねてみたい国になりました。

病院の司祭と私!
病院の司祭と私!
Read the whole blog »

ソーシャルメディア

46

ニュースレター

レーナ・マリアのパーソナル・ニュースレターの購読をご希望の方は、こちらのフォームからお申込ください。

音楽

音楽を聴く

1. You Raise Me Up

2. You Light Up My Day

3. Hold Me

ツアー・プラン

アート

口と足で描くアートの団体には世界中に約800名のメンバーと卒業生が所属しています。1990年よりレーナは口と足を使って絵を描くアーティスト連盟の奨学生です。 

ご注文はこちら!»