再び、日本でツアーができて感謝!

この秋の日本でのツアーはとても素晴らしいものとなりました。中でも印象的だったのは、いくつかの中学や高校を訪ね、何千人もの生徒達と出会えたことです。日本の学校は、生徒数がとても多いです。ある学校は、ハリー・ポッターの学校のように格式高い校舎で、規律も厳しそうに見えました。そのことを冗談で話すと、最初は緊張していた生徒たちも、すぐにリラックスして笑い始めました。そこで歌を歌い、自分の人生について話しをしました。いかに、一人一人がユニークに造られ、大切で価値があり、人と違って良いのかということを分かち合いました。ハリー・ポッターも、自分の人生の中で 良いものを求めながら生きていったことも例話として話しました。
生徒が、両親や先生から受けるプレッシャーはとても大きいものです。それが大きすぎて、諦めてしまった生徒もいます。人生の中で大切なことは、良い学齢や職業があることではなく、大切な価値観を持って生きることだと伝えることは、彼らにとって意味深いものになったと思います。私が歌う曲や話しの内容の中心は「愛」です。周りの人たちを愛することだけでなくて、自分を愛すること。お互いを愛すること、愛を受けることで、私たちは強くなれます。その愛があれば、私たちは、自分がどのように見られているとか、成績が良いとか、どのくらいお金があるとかが、気にならなくなります。

このツアーでは、ベドウ路津子さんが通訳者として同行して下さいました。彼女とは20年らいのお付き合いで、私のことを良く知っている親友でもあります。彼女がステージの上で私の側にいるお陰で、私は自由に自分のことを分かちあうことができます。私が話す前にもう、私が言いたいを知っている時もありました。
 
この前のブログで、元マネージャーの光野氏が、私たちが来日する数日前に天に召されたことを書きました。彼が責任者だった当時、彼の下で働いていた二人の秘書が、英語の業務に携わっておられました。(光野氏は英語が話せなかったので)今回、このツアー中に、それぞれ違う会場でお二人にお会いすることができました。秦ゆかりさんと曽我由美子さんです。ゆかりさんは、駅でタクシーから降りる直前に写真を撮りました。由美子さんは、教会でのコンサートで楽屋に来て下さった時に写真を撮りました。

Please comment:

最新の記事

最新のコメント

ブログのアーカイブ

リンク

タグクラウド