レーナ・マリア&フレンズ基金

レー ナ・マリア&フレンズ基金では、みなさまからいただいたお金で世界各国のさまざまな障がいを抱えた方々のサポートを行っております。

数 年前、レーナはあるルーマニア人の家族を助けました。ニチェスさんというご一家で、一家のあるじのセルギュさんはレーナのように両腕がありませんでした。 このご一家は非常に貧しかったため、レーナは2004年と2005年にチャリティー・コンサートを開き、集まったお金でセルギュさんにアパートを買ってあ げました。

このことがきっかけとなり、レーナは新しい基金を開設しました。ツアーで各地を訪れる際、助けを必要としている障がいを持った方にお会いすることがあります。そんなときにはこの基金を通してそういった方々を支援しています。

ツ アーでタイを訪れた際には、チャリティー・コンサートを開催してさまざまな障がいを持った子供達のいるバンコクの孤児院に寄付をしました。タ イでは、障がいのある子を持つということは大変恥ずかしいこととされています。多くの家族が障がいがあるのはカルマのせいだと信じています。一家にとって 障がいのある子供を育てるということは、家族全員が苦労するということを意味します。それゆえに多くの母親は子供を捨てることを決心するか、あるいは強制 されます。レーナ・マリア基金では、こうした身寄りのない子供達の世話をしているキリスト教系の孤児院を地元の他の病院や団体と共同でサポートしていま す。この孤児院に関する詳しい情報はこちらのサイトをご覧ください。 www.ccdthailand.org ご希望の方には、いろいろな情報の入った無料のDVDも差し上げています。

2012年に、レーナ・マリア基金では一人のウガンダの男の子を助けました。この子はモーセ・ムルンギ君という名前で、写真からもおわかりいただけるよう に、生まれつき両手両足がありません。モーセ君は普通校に通っていて、字を書くときは鉛筆を両腕ではさんで持ちます。

彼はとても元気です!!彼は成長する につれて自分を支えるのが困難になってきたため、毎日学校に通うための乗り物が必要でした。そこで、彼のご家族にレーナ・マリア基金から「ボダボダ」とい う乗り物をプレゼントしました。

献金

レーナ・マリア&フレンズ基金へ募金をしていただける方はこちらの口座へお振込みをお願いいたします:
IBAN: SE04 1200 0000 0123 5022 3124
BIC/SWIFT: DABASESX
Danske Bank
Skolgatan 3, 55112 Jönköping, Sweden

基金の目的

レーナ・マリア&フレンズ基金では、障がいや病気、老齢のために特別な援助を必要とされている方々のために、キリスト教的な支援活動を行っています。

海外の教会やクリスチャン団体と協力しながら、世界各国の障がいを持った方々の手助けをしています。

Newsletter

Would you like to receive Lena Marias' personal newsletters? Fill out the form: